Hatena::Groupprogram

ひとり開発日記。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009/08/07 (Fri)

ユーザー情報のテーブルを作る。

|  ユーザー情報のテーブルを作る。 - ひとり開発日記。 を含むブックマーク はてなブックマーク -  ユーザー情報のテーブルを作る。 - ひとり開発日記。

CREATE TABLE `registed_user` (
  `id` int(11) unsigned NOT NULL AUTO_INCREMENT,
  `username` varchar(64) NOT NULL DEFAULT '',
  `address` varchar(255) NOT NULL DEFAULT '',
  `password` varchar(32) NOT NULL DEFAULT '',
  `short_profile` text NOT NULL,
  `profile` text NOT NULL,
  `status` varchar(16) NOT NULL DEFAULT 'REGISTED',
  `created` datetime NOT NULL,
  `modified` datetime NOT NULL,
  PRIMARY KEY (`id`),
  UNIQUE KEY `username` (`username`),
  UNIQUE KEY `address` (`address`),
  KEY `status` (`status`)
) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8;

なんでregisted_userなんてテーブル名にしたかって言うと、userだけだと他のDBでは予約語だったり、隠しテーブルだったりすることが多いので。 Ruby on RailsGrailsデフォルトみたいにpersonっていうのも、ちょっとね…。

text型やdatetime型*1デフォルト値が設定できなかったりとか、結構「…。」な仕様が多いMySQLなんですけど、まぁええことよ。

*1:timestamp型だと更にハマりが多い…。

トラックバック - http://program.g.hatena.ne.jp/halflite/20090807