Hatena::Groupprogram

ひとり開発日記。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013/04/23 (Tue)

CentOS6.3に、Windows7版PuTTYgenで作った公開鍵を使って、SSH接続

| CentOS6.3に、Windows7版PuTTYgenで作った公開鍵を使って、SSH接続 - ひとり開発日記。 を含むブックマーク はてなブックマーク - CentOS6.3に、Windows7版PuTTYgenで作った公開鍵を使って、SSH接続 - ひとり開発日記。

毎度やり方忘れてしまうので…。

クライアント側:Windows7にPuTTYgenをインストール+鍵作成

  1. PuTTYgenは、WinSCPインストールすると、同梱されてくる
  2. PuTTYgenを起動、公開鍵と秘密鍵を作る
    • no title
    • 公開鍵をid_rsa.pub、秘密鍵をid_rsa.ppkと名前を付けて保存

サーバー側:ユーザー作成

  1. ユーザー作成(今回は"worker")
  2. rootから、workerにユーザー変更
[root ~]# useradd worker
[root ~]# passwd worker
[root ~]# sudo su - worker
[worker ~]$

クライアント側:WinSCPを使って、id_rsa.pubを転送

  1. ホスト、ユーザー名("worker")、作成時のパスワードを使用し、id_rsa.pubを転送

サーバー側:公開鍵設定

  1. 公開鍵をOpenSSH形式に変換して設定
[worker ~]$ pwd
/home/worker
[worker ~]$ mkdir ~/.ssh
[worker ~]$ chmod 700 ~/.ssh
[worker ~]$ ssh-keygen -i -f id_rsa.pub >> ~/.ssh/authorized_keys
[worker ~]$ chmod 600 ~/.ssh/authorized_keys
[worker ~]$ rm id_rsa.pub

クライアント側:公開鍵認証でSSH接続できることを確認

  1. TeratermなどでSSH接続できることを確認
  2. サーバー側の諸々設定
トラックバック - http://program.g.hatena.ne.jp/halflite/20130423