Hatena::Groupprogram

ひとり開発日記。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014/08/01 (Fri)

VirtualBox 4.3.12 + CentOS 6.5 で、インストール後再起動時にKernel Panic

| VirtualBox 4.3.12 + CentOS 6.5 で、インストール後再起動時にKernel Panic - ひとり開発日記。 を含むブックマーク はてなブックマーク - VirtualBox 4.3.12 + CentOS 6.5 で、インストール後再起動時にKernel Panic - ひとり開発日記。

  1. CentOS-6.5-x86_64-minimal.isoダウンロード
  2. VirtualBox新規仮想マシンを作成
    • タイプ(T):Linux / バージョン(V):Other Linux (64-bit) を選択
  3. 仮想マシンの設定で、ストレージのCD/DVDドライブに、ダウンロードしてきたCentOS-6.5-x86_64-minimal.isoを指定
  4. 仮想マシン起動
  5. インストール画面になるので、基本的な設定でインストールし、完了後Reboot
  6. Reboot後に、Kernel Panic発生!!

何コレ…、と思ったけど、結構有名なケースらしくて、フツーに解決策見つかりました。

Grubで"enforcing=0"を入力する時、キーボードが日本語(jp106)じゃないから、イコール(=)が入力出来なくて困ったりとか…。*1 こういう「Linuxあるある」を、一個一個踏んでる気がしますなぁ。

*1:日本語キーボードで"^"が、英語キーボードの"="の位置

トラックバック - http://program.g.hatena.ne.jp/halflite/20140801